いのまるの秘密基地

ゆるげーまーのひとりごと。

モンハンライズ攻略:オトモアイルー&オトモガルクの厳選とおすすめスキル

f:id:Innomaru:20210407111318j:plain

MONSTER HUNTER RISE(モンスターハンターライズ)の攻略情報をお届けします。

オトモの厳選の参考になるよう、この記事ではオトモアイルー(猫)やオトモガルク(犬)の理想的なサポート行動やオトモスキル、装備(と猟犬具)の組み合わせを用途別にまとめて紹介します。

 

厳選とは?

ゲーム開始時にキャラクリした初期アイルー/初期ガルクに愛着をもって一緒に冒険するのも素敵な考え方ですが、いのまるのようなアクションゲーム苦手マンにとってはオトモも貴重な戦力。より強いオトモに助けてもらいたくなることもあります。
そんなときは、狙ったスキルを持っているオトモが出てくるまで雇用窓口に通い、より強いオトモを雇う「オトモの厳選」をしましょう。

欲しいスキルがすべて揃ったオトモを見つけるのはとても難しいので、絶対に欲しいスキルを3〜4つ決め、それ以外はプラスアルファとしてあったらいいなくらいの気持ちで厳選しましょう。また、一匹の完璧なオトモを探すよりも、用途別に複数育てておくのがおすすめです。

厳選できる内容

オトモアイルーはサポート行動(2〜4枠目のみ。1枠目と5枠目はサポートタイプごとに固定)、オトモスキルの厳選が可能です。

オトモガルクはオトモスキルの厳選が可能です。

厳選方法

オトモの厳選は、以下の手順にて行います。

  1. オトモスカウトでスカウト条件を設定する(初回のみ)
  2. クエストをクリアする
  3. オトモ雇用窓口で希望通りのオトモがいるか確認する。いなかったら 2 に戻る

オトモの厳選だけを目的にするのであれば、以下のような短時間でクリア可能なクエストを回すのがおすすめです。

  • 里クエストLv★の「ホオズキころころ」
  • 集会所のウツシ教官から受注する闘技大会(対ラージャン)でわざと負ける

レベル上限と記憶力

現在オトモのレベルは35が上限で、記憶力(オトモスキルをセットできるスロット)は5が上限です。今後のアップデートでレベルや記憶力の上限の開放が予想されるので、絶対に欲しいスキルいくつか+有用なスキルいくつかをもったオトモを雇うと長く活躍してくれると思います。

4月28日のアップデートで、オトモレベル上限が50に引き上げらるで!

アップデートやバランス調整などで、スキルの評価が変わることはよくあること。厳選に時間を割くよりも周回数を増やしたほうが結果的に効率がよくなる場合もあるのでほどほどに!

伝授できる?

伝授とは、MHXX(モンスターハンター ダブルクロス)のときにあったシステムで、あるアイルーが覚えているサポート行動やオトモスキルを、別のアイルーに覚えさせることができるというものです。
現在モンハンライズでは伝授できませんが、今後のアップデートで追加される可能性もあります。

 

アイルーのおすすめサポートタイプ

オトモアイルーには5つのサポートタイプがあり、それぞれに固有のサポート行動が設定されています。

サポートタイプ 固有のサポート行動 効果
ファイト 強化咆哮の技 ハンターとオトモを強化する
憤怒の技 オトモが怒り状態になり、攻撃力が大幅に上昇する
アシスト ネコ式鉄蟲糸縛りの技 大型モンスターを鉄蟲糸で縛り付ける
毒々落とし穴の技 大型モンスターを毒状態にする落とし穴を設置する
ヒーラー 癒しの果実栽培の技 近くにいると継続的に体力が回復する植物を栽培する
回復笛の技 ハンターとオトモの体力を回復させる
ボマー ネコ式起爆竜弾の技 敵にあたると誘爆する起爆竜弾を発射する
特大タル爆弾の技 特大タル爆弾を抱えて突進し、敵をひるませる
コレクト 環境生物発射の技 環境生物を発射し、敵を麻痺や毒状態にする
ぶんどりの技 ブーメランで攻撃しながらモンスターの素材を奪う

目的に応じて最適なサポートタイプは異なりますが、現状ではコレクトタイプが万能であると言えます。「ぶんどりの技」でモンスター素材報酬が増える(レア素材も拾ってくる)こと、「環境生物発射の技」で敵を麻痺や毒状態にするなど、とても優秀だからです。また「ぶんどりの技」で報酬が増えるということは、同じ素材の数を集めるにあたって狩猟回数が減るということなので、間接的に討伐タイムが短くなっているとも言えます。

討伐タイムを競うような遊び方をする場合には、ファイトタイプかアシストタイプがおすすめです。ファイトタイプはアイルー自身の火力や、ハンターへのバフ効果が優秀です。また敵を拘束することで間接的にハンターのDPSが増えることに繋がるため、特に弓やボウガンであればアシストタイプがおすすめです。

ボマータイプは爆弾で多くの敵を巻き込みひるませることができるのが強みで、特に百竜夜行で活躍します。爆弾での攻撃はモンスターの肉質を無視するので、硬い敵との戦闘や部位破壊にも役立ちます。

ヒーラータイプはアクションゲームが苦手な方向けですが、回復薬を自分で飲めば済むことなので他のサポートタイプよりは優先度が下がると思います。

 

アイルーとガルク、どっちが強い?

1人プレイでは合計2匹までのオトモを連れていけるので、ゲーム開始時のデフォルトのままアイルー+ガルクの組み合わせでプレイしている方が多いのではないでしょうか。また1匹しか連れていけないマルチプレイでは、百竜夜行以外ではフィールドの移動を伴うため、ガルクを連れているハンターが多い印象です。

個人的な予想として、最終的にはガルクよりもアイルーのほうが強い(=討伐タイムの短縮に貢献してくれる)のではないかと考えています。ガルクの特徴であるフィールドの機動力については翔蟲(かけりむし)や回避(B)での移動や、サブキャンプへのワープでカバー可能であることと、アイルーのサポート行動によるモンスター拘束やハンターのバフ効果などがDPSに大きく貢献するためです。ただしガルクの行動はハンターの行動に連動しているため、双剣など手数の多い武器ではかなりのDPSを出してくれるようです。

いのまるは犬派だからガルクを連れて歩くけどね!

 

① 耐久×番傘ガルク

ガルクには攻撃面よりも、少しでも長く場に留まって(または体力がなくなってもすぐに戻ってきてくれて)番傘で怯ませたりスタンにしたり盾になってくれたりというサポート性能に期待し、生存力を重視しています。

オトモスキルは生存力特化のため「防御強化の術」「自己回復強化の術」を基本とし、ハンターが気絶・麻痺時にアイルーが助けてくれる可能性を上げたいときには「気絶無効の術」か「麻痺無効の術」をつけるのがおすすめです。

マルチプレイではハンターの攻撃エフェクトが4人分で派手になりモンスターの行動を目視しにくくなるので、ガルクには遠隔特化型(またはバランス型)の武器を装備させハンターの邪魔をさせないようにしましょう。

オトモスキル 記憶力
★防御強化の術
全耐性強化の術
回避上手の術 ●●
★自己回復強化の術 ●●●
気絶無効の術 ●●
★麻痺無効の術
防音の術 ●●
耐震の術

※★印のあるオトモスキル(合計記憶力5)を基本とし、必要に応じ適宜付け替えるのがおすすめです。

猟犬具 効果
護り番傘 モンスターの攻撃を防ぎながら攻撃を可能にした猟犬具。傘の攻撃にも武器の属性値が乗る
薬刃の巻物 一定範囲内を回復する薬を撒く

f:id:Innomaru:20210409192757j:plain

現時点でもっともいのまるの理想に近いオトモガルクくん。気絶無効が欲しかった…

 

② 状態異常×手裏剣ガルク

ラスボスの周回にも適した、遠距離から状態異常攻撃をしかけるオトモガルクです。睡眠武器または麻痺武器を持たせましょう。

オトモスキルは「状態異常攻撃強化の術」+「遠隔攻撃強化の術」か、「状態異常攻撃強化の術」+「回避上手の術」の組み合わせがおすすめです。

猟犬具は遠距離攻撃特化で火力を出せる大手裏剣と、速い攻撃速度で状態異常にするための蓄積値を稼ぐ猛速の巻物の組み合わせがおすすめです。ラスボス周回以外では、大手裏剣を番傘に変更するのがいいでしょう。

オトモスキル 記憶力
★状態異常攻撃強化の術 ●●●
属性攻撃強化の術 ●●
★遠隔攻撃強化の術 ●●
防御強化の術
全耐性強化の術
回避上手の術 ●●

※★印のあるオトモスキル(合計記憶力5)を基本とし、必要に応じ適宜付け替えるのがおすすめです。

猟犬具 効果
大手裏剣 大きな手裏剣を投げて敵を切り刻む
猛速の巻物 一定時間ガルクの攻撃速度があがる

 

③ いつでもウーバーガルク

ガルクはいつでもどこでもすぐに乗りたい!という方におすすめなのがこのウーバーガルクくんです。ガルクは体力がなくなっていても乗ることができますが、状態異常にかかっているとハンターの元に駆けつけてくれません。

オトモスキルにはいつでもどこでもすぐに乗れて目的地までお届けしてくれるように、各種状態異常無効の術をつけた構成です。

なお、いつでもハンターのそばにいてくれてすぐに乗れるように、ガルクの行動パターンは「随行」にしておきましょう。

オトモスキル 記憶力
防御強化の術
回避上手の術 ●●
★気絶無効の術 ●●
★麻痺無効の術
★睡眠無効の術
★爆破・鬼火無効の術
糸拘束無効の術
毒無効の術

※★印のあるオトモスキル(合計記憶力5)を基本とし、必要に応じ適宜付け替えるのがおすすめです。

猟犬具 効果
癒やしの巻物 一定時間ガルクの体力を徐々に回復する
薬刃の巻物 一定範囲内を回復する薬を撒く

 

④-1 最強コレクトアイルー(汎用)

狩猟クエストや闘技大会などで活躍できるオトモなら、コレクトタイプのアイルーがおすすめです。コレクトタイプ固有のサポート行動である「環境生物発射の技」でモンスターを状態異常にしたり「ぶんどりの技」で報酬を増やしたりすることができ、どんな場面でも活躍します。

コレクトタイプは他のタイプよりも遠隔攻撃が強いので、サポート行動2枠目は「メガブーメランの技」がおすすめです。動き回ったり飛んでいるモンスターにも安定してダメージを与えられるように汎用的なメガブーメランの技を選択しましたが、「竜巻旋風撃の技」も火力は高く好みで選んでいいと思います。弓や双剣などスタミナ管理が難しい武器の場合は「応援ダンスの技」にしてもいいでしょう。
3枠目の「環境生物呼び寄せの技」は、翔蟲(かけりむし)を呼び寄せるスキルです。翔蟲が増えると火力がアップ(高威力な鉄蟲糸技を使える回数が増える)すると同時に生存力もアップ(回避や受け身をできる回数が増える)するためとても強力です。
4枠目はどんなモンスター相手にも一定の効果が期待できる「雷転虫発射の技」がおすすめです。

オトモスキルは「遠隔攻撃強化の術」と防御関連スキルの組み合わせがおすすめです。耐久力をあげたい場合には「防御強化の術」か「回避上手の術」(または両方)をセットしましょう。「状態異常強化の術」は状態異常値が約10%プラスされますが、よほどの超短期決戦(討伐前に状態異常1回目を間に合わせる)または超長期戦(討伐前に状態異常2回目を狙う)以外の用途では不要だと思います。そのほかの枠は「○○無効の術」があればさらに生存力が増す構成にも変更できるためおすすめです。

サポート行動 備考
環境生物発射の技 環境生物を発射し、敵を麻痺や毒、睡眠状態にする
メガブーメランの技 超特大なブーメランを投げる
環境生物呼び寄せの技 翔蟲(かけりむし)を呼び寄せる
雷転虫発射の技 モンスターを雷やられにする電転虫を発射する
ぶんどりの技 ブーメランで攻撃しながらモンスターの素材を奪う
オトモスキル 記憶力
状態異常攻撃強化の術 ●●●
★遠隔攻撃強化の術 ●●
KOの術
★防御強化の術
全耐性強化の術
★回避上手の術 ●●
防音の術 ●●
気絶無効の術 ●●

※★印のあるオトモスキル(合計記憶力5)を基本とし、必要に応じ適宜付け替えるのがおすすめです。

 

④-2 最強コレクトアイルー(百竜夜行用)

百竜夜行用のアイルーなら、コレクトタイプのアイルーがおすすめです。コレクトタイプ固有のサポート行動である「環境生物発射の技」でモンスターを状態異常にしたり「ぶんどりの技」で報酬を増やしたりすることができ、どんな場面でも活躍します。

サポート行動2枠目は、攻撃技ならどれでも大丈夫です。
3枠目についてですが、狩猟のときに大活躍する「環境生物呼び寄せの技」は、百竜夜行においてはバリスタや大砲の前に置かれて視界が悪くなり邪魔になってしまいます。特にマルチプレイではハンター最大4人を強化できるのが強いので「強化太鼓の技」がおすすめです。
4枠目は汎用型と同じく「雷転虫発射の技」にしましたが、飛んでいる敵を落とすことができる「閃光爆弾の技」も便利です。

オトモスキルは基本的にモンスターを状態異常にする効果に期待し「状態異常攻撃強化の術」と「遠隔攻撃強化の術」の組み合わせがおすすめです。耐久力をあげたい場合には「遠隔攻撃強化の術」の代わりに「防御強化の術」か「回避上手の術」をセットしましょう。そのほかの枠はサブ任務の達成のために「属性攻撃強化の術」があると便利かも知れませんが、必須のものはないので自由に選択しましょう。

サポート行動 備考
環境生物発射の技 環境生物を発射し、敵を麻痺や毒状態にする
メガブーメランの技 超特大なブーメランを投げる
強化太鼓の技 ハンターとオトモの攻撃力と防御力を上昇させる
雷転虫発射の技 モンスターを雷やられにする電転虫を発射する
ぶんどりの技 ブーメランで攻撃しながらモンスターの素材を奪う
オトモスキル 記憶力
★状態異常攻撃強化の術 ●●●
属性攻撃強化の術 ●●
★遠隔攻撃強化の術 ●●
防御強化の術
全耐性強化の術
回避上手の術 ●●

※★印のあるオトモスキル(合計記憶力5)を基本とし、必要に応じ適宜付け替えるのがおすすめです。

 

④-3 最強コレクトアイルー(ラスボス周回用)

ラスボス周回用のコレクトアイルーなら、前述の汎用型とは異なるサポート行動がおすすめです。ラスボス周回の目的は主にマカ錬金用の素材収集なので、サポートタイプはコレクト一択になると思います(タイムアタックを除く)。

サポート行動2枠目は、遠距離スキルである「メガブーメランの技」にしましたが、弓や双剣などスタミナ管理が難しい武器の場合は「応援ダンスの技」もおすすめです。
3枠目はボスがよく動き回り空中にいる時間が長いため、攻撃スキルよりはバフスキルのほうが活躍できると思い「強化太鼓の技」を選択しました。
4枠目の「閃光爆弾の技」はラスボスを怯ませて行動をキャンセルさせることができるのでおすすめですが、意図しないタイミングで使われてパターンが崩れて戦いづらい場合には「キンダンドングリの技」にしてください。

オトモスキルは麻痺武器または睡眠武器とセットで「状態異常攻撃強化の術」と「遠隔強化の術」がおすすめです。さらに「回避上手の術」「防御強化の術」「気絶無効の術」がついていると耐久よりの構成にもアレンジできます。

サポート行動 備考
環境生物発射の技 環境生物を発射し、敵を麻痺や毒状態にする
メガブーメランの技 超特大なブーメランを投げる
強化太鼓の技 ハンターとオトモの攻撃力と防御力を上昇させる
閃光爆弾の技 空中で爆発する閃光爆弾を設置する
ぶんどりの技 ブーメランで攻撃しながらモンスターの素材を奪う
オトモスキル 記憶力
★状態異常攻撃強化の術 ●●●
★遠隔攻撃強化の術 ●●
防御強化の術
回避上手の術 ●●
気絶無効の術 ●●

※★印のあるオトモスキル(合計記憶力5)を基本とし、必要に応じ適宜付け替えるのがおすすめです。

 

⑤ 最強ファイトアイルー

タイムアタックや高速周回が目的ならファイトタイプのアイルーがおすすめです。

サポート行動2枠目は高火力な「竜巻旋風撃の技」、3枠目は高性能なバフスキル「強化太鼓の技」、そして4枠目は優秀なデバフスキルである「雷転虫発射の技」を入れた構成です。

オトモスキルは「攻撃強化の術【大】【小】」を基本に、さらに火力を盛るなら「会心強化の術【大】」を、耐久力とのバランスをとるなら「防御強化の術」や「回避上手の術」を、打撃属性武器を装備させるなら「KOの術」を、対ラスボスのような遠距離で戦いたいモンスターを相手にするなら「遠隔強化の術」を入れるのがおすすめです。 

サポート行動 備考
強化咆哮の技 ハンターとオトモを強化する
竜巻旋風撃の技 武器を大きく振り回し竜巻を発生させて敵に体当たりする
強化太鼓の技 ハンターとオトモの攻撃力と防御力を上昇させる
雷転虫発射の技 モンスターを雷やられにする電転虫を発射する
憤怒の技 オトモが怒り状態になり、攻撃力が大幅に上昇する
オトモスキル 記憶力
★攻撃強化の術【大】 ●●
★攻撃強化の術【小】
★会心強化の術【大】 ●●
状態異常攻撃強化の術 ●●●
遠隔攻撃強化の術 ●●
KOの術
防御強化の術
回避上手の術 ●●

※★印のあるオトモスキル(合計記憶力5)を基本とし、必要に応じ適宜付け替えるのがおすすめです。

 

⑥ 最強ボマーアイルー

タイムアタックや高速周回、百竜夜行が目的ならボマータイプのアイルーがおすすめです。

サポート行動の2〜4枠目はすべて爆弾系の技を入れた爆弾特化の構成です。

爆弾の威力は攻撃力に依存するためオトモスキルは「攻撃強化の術【大】【小】」を基本に、耐久力とのバランスをとるなら「防御強化の術」や「回避上手の術」を、打撃属性武器を装備させるなら「KOの術」を、1秒でも長く攻撃する時間を確保するなら「防音の術」を、対ラスボスのような遠距離で戦いたいモンスターを相手にするなら「遠隔強化の術」を入れるのがおすすめです。 

サポート行動 備考
ネコ式起爆竜弾の技 敵にあたると誘爆する起爆竜弾を発射する
バチバチ爆弾ゴマの技 モンスターを追尾するコマ型の爆弾を複数発射する
設置型爆弾の技 モンスターが触れると爆発し怯ませる爆弾を設置する
閃光爆弾の技 空中で爆発する閃光爆弾を設置する
特大タル爆弾の技 特大タル爆弾を抱えて突進し、敵をひるませる
オトモスキル 記憶力
★攻撃強化の術【大】 ●●
★攻撃強化の術【小】
遠隔攻撃強化の術 ●●
防御強化の術
全耐性強化の術
★回避上手の術 ●●
体力強化の術【小】

 ※★印のあるオトモスキル(合計記憶力5)を基本とし、必要に応じ適宜付け替えるのがおすすめです。

 

⑦ 最強アシストアイルー

弓やボウガンの武器をよく使うならアシストタイプのアイルーがおすすめです。アシストタイプ固有のサポート行動である「ネコ式鉄蟲糸縛りの技」と「毒々落とし穴の技」でモンスターを拘束することができ、どんな場面でも活躍します。

サポート行動の2枠目は、特に弓や双剣を使うときに便利な「応援ダンスの技」がおすすめです。
3枠目は強力なバフスキルである「強化太鼓の技」がおすすめです。弓の場合は飛翔にらみ撃ちが強力なため「環境生物呼び寄せの技 」もおすすめです。
4枠目はさらに拘束できるチャンスを増やすため、「シビレ罠の技」にしましょう。

オトモスキルは生存力特化のため「防御強化の術」「回避上手の術」を基本とし、ハンターが気絶・麻痺時にアイルーが助けてくれる可能性を上げるため「気絶無効の術」か「麻痺無効の術」をつけるのがおすすめです。

サポート行動 備考
ネコ式鉄蟲糸縛りの技 大型モンスターを鉄蟲糸で縛り付ける
応援ダンスの技 ハンターのスタミナを回復し、スタミナ減少量を軽減する
強化太鼓の技 ハンターとオトモの攻撃力と防御力を上昇させる
シビレ罠の技 シビレ罠を設置する
毒々落とし穴の技 大型モンスターを毒状態にする落とし穴を設置する
オトモスキル 記憶力
★防御強化の術
全耐性強化の術
★回避上手の術 ●●
自己回復強化の術 ●●●
★気絶無効の術 ●●
麻痺無効の術
防音の術 ●●
耐震の術

※★印のあるオトモスキル(合計記憶力5)を基本とし、必要に応じ適宜付け替えるのがおすすめです。

 

⑧ 最強ヒーラーアイルー

アクションゲームが苦手な方や避けるのが難しい攻撃があるモンスターと戦うときはヒーラータイプのアイルーがおすすめです。

サポート行動2枠目には「回復しゃぼんの技」、3枠目にはオトモ自身が敵から狙われなくなる「隠密防御の技」を採用しています。
4枠目は回復&無敵になる「キンダンドングリの技」でもいいですが、モンスターを雷やられにして攻撃や回復の時間を作れる「雷転虫発射の技」にしてみました。

オトモスキルは生存力特化のため「防御強化の術」「回避上手の術」を基本とし、ハンターが気絶・麻痺時にアイルーが助けてくれる可能性を上げるため「気絶無効の術」か「麻痺無効の術」をつけるのがおすすめです。モンハンライズ以前の作品だと回復行動が妨害されるため「防音の術」「耐震の術」の優先度が高かったのですが、今作ではサポート行動中は無敵なので優先度が下がりました。

サポート行動 備考
癒しの果実栽培の技 近くにいると継続的に体力が回復する植物を栽培する
回復しゃぼんの技 触れると回復するシャボン玉を設置する
隠密防御の技 一定時間モンスターから狙われなくなる
電転虫発射の技 モンスターを雷やられにする電転虫を発射する
回復笛の技 ハンターとオトモの体力を回復させる
オトモスキル 記憶力
★防御強化の術
全耐性強化の術
★回避上手の術 ●●
自己回復強化の術 ●●●
★気絶無効の術 ●●
麻痺無効の術
防音の術 ●●
耐震の術

※★印のあるオトモスキル(合計記憶力5)を基本とし、必要に応じ適宜付け替えるのがおすすめです。

 

オトモアイルーのおすすめ装備

おすすめ武器

アイテム名 系統 近接 遠隔 属性
厄音ノ妖鈴ニャリン 160 160 睡眠20
メデュレトSネコ日傘 150 170 麻痺12
マジンネコダマシ 170 190 毒15

オトモの攻撃には、単純な攻撃力よりもモンスターを状態異常にする効果を期待するのがいいので、上記の3本がおすすめです。
個人的には睡眠武器が発動しやすいのでおすすめです。野良でのマルチプレイの場合は意思疎通が難しく、寝かせたところに大タル爆弾で大ダメージを与えるなどの連携は難しいですが、眠りによってモンスターの怒りを鎮める効果は期待できます。

おすすめ防具

ハンターとは違い、防具によってスキルが発動するわけではないので、防御力の数値や属性値で選んで大丈夫です。基本的にはラスボス防具がおすすめです。

 

オトモガルクのおすすめ装備

おすすめ武器

アイテム名 系統 近接 遠隔 属性
厄音ノ妖鈴ガルクル 160 160 睡眠20
メデュレトSガルタス 150 170 麻痺12
ミヅハガルワンド 170 190 毒15

オトモの攻撃には、単純な攻撃力よりもモンスターを状態異常にする効果を期待するのがいいので、上記の3本がおすすめです。
個人的には睡眠武器が発動しやすいのでおすすめです。野良でのマルチプレイの場合は意思疎通が難しく、寝かせたところに大タル爆弾で大ダメージを与えるなどの連携は難しいですが、眠りによってモンスターの怒りを鎮める効果は期待できます。

おすすめ猟犬具

猟犬具 効果
護り番傘 モンスターの攻撃を防ぎながら攻撃を可能にした猟犬具。傘の攻撃にも武器の属性値が乗る
大手裏剣 大きな手裏剣を投げて敵を切り刻む
癒やしの巻物 一定時間ガルクの体力を徐々に回復する
薬刃の巻物 一定範囲内を回復する薬を撒く
隠れ身の巻物 一定時間気配を消す
陽動の巻物 一定時間モンスターの注意を引く
重撃の巻物 一定時間攻撃力が上がり、モンスターが怯みやすくなる

おすすめ防具

ハンターとは違い、防具によってスキルが発動するわけではないので、防御力の数値や属性値で選んで大丈夫です。基本的にはラスボス防具がおすすめです。

 

まとめ

モンハンライズで狩猟をサポートしてくれる相棒、オトモアイルーとオトモガルクについて紹介しました。おすすめのサポート行動やスキル構成などは環境により変わるので、新たな情報が入ったら引き続き記事を更新していきます。快適なハンター生活を送れるよう、この記事を参考にしていただけたら幸いです。