いのまるの秘密基地

ゆるげーまーのひとりごと。

ディアブロ4最新情報 : BlizzConlineアップデート − 2021年2月

2021年2月に開催されたBlizzConlineで、主に「ローグ」「オープンワールド関連」について情報公開されました。この記事は、海外向けに発表された情報を独自に翻訳・和訳したものです。

 

新クラス:ローグ

f:id:Innomaru:20210222114638j:plain

すでに発表されているバーバリアン、ソーサレス、ドルイドに次ぐ4番めのクラスとしてローグが発表されました。これで発売時から使用できる5クラスのうち、4クラスが明らかになりました。ローグは高い機動力が特徴で、いくつもの移動を伴うスキルが用意されています。危険な状況からの離脱、遠距離攻撃をしてくる敵への瞬時の移動など、戦況を見ながら有利に立ち回ることが求められます。
ローグは剣やダガーといった近接武器(二刀流可)と、弓やクロスボウといった遠距離武器を自由に使い分けることができ、弓での範囲攻撃やまきびしを使ったクラウドコントロールスキルなど多彩な攻撃方法があります。ローグ独自のスペシャリゼーションシステムとImbueシステムにより、幅広い戦い方が可能です。

またローグはPvPでも高い機動力を生かして敵の集団に飛び込んで範囲攻撃で凍らせるなど、活躍が見込めるクラスです。

スペシャリゼーションシステム(ローグ専用)

ローグは3種類の戦術に特化することができます。

  • コンボポイント(Combo Points)
    攻撃ごとにポイントが加算され、ポイントが溜まったときに特定のスキルを強化する
  • シャドウレルム(Shadow Realm)
    1秒間無敵になり、ターゲットした敵を5秒間影の世界に引き込む。影の世界ではプレイヤーはステルス状態になり、引き込んだ敵に与えるダメージが50%上昇する
  • エクスプロイト・ウィークネス(Exploit Weakness)
    敵が特定の攻撃時に敵の弱点が頭上に表示されるようになり、その敵に反撃するとダメージボーナスが入る

スペシャリゼーションは、サンクチュアリの世界に存在するいくつかのローグの集団(Sisterhood of the Sightless Eye、Remnants of the Order、Mercenaries of Kehjistan、Outlaw Smugglers of the Swanps of Hawezar)に関連する特定のクエストをクリアすることによって解放されます。

Imbueシステム(ローグ専用)

ローグはImbueシステムによって、各種攻撃に属性を付与することができます。Imbueシステムはディアブロ2で傭兵として雇えたローグへのオマージュでもあります。

  • Frost Imbue
  • Poison Imbue
  • Shadow Imbue

同じスキルでも付与したImbueによって性能が変わるため、ビルドの幅が広がります。例えばFrost Imbueは、ソーサレスのChill状態と組み合わせると敵が早く凍るなど、パーティープレイでのシナジー効果も生まれます。

f:id:Innomaru:20210222120206j:plain

f:id:Innomaru:20210222120209j:plain

f:id:Innomaru:20210222120213j:plain

 

マウント(騎乗)

オープンワールドの移動手段としてマウント(騎乗)システムが発表されていましたが、新たに発表された情報をお伝えします。

マウントの仕様

マウント中は高い機動力を誇りサンクチュアリの移動を楽にしてくれますが、敵から攻撃を受けると強制的に降ろされます。マウントアイテム(馬など)はダメージを受けることはありません。

マウントやカスタマイズアイテムの入手方法

マウントアイテムや鞍などのカスタマイズアイテムは、以下の方法で入手できるとのことです。

  • パズル(ミニゲームのようなもの?)のクリア
  • 隠されたロケーションの発見
  • 特定モンスターの討伐

下乗時のアクション

マウントから降りるときはただ降りるだけではなく、攻撃スキルを発動しながら降り、移動からシームレスに戦闘状態に入ることができます。騎乗時に敵から攻撃を受けると強制的に降ろされてしまうため、いつ戦闘を仕掛けるかといった判断も重要になります。

f:id:Innomaru:20210222115655j:plain

f:id:Innomaru:20210222115658j:plain

f:id:Innomaru:20210222115701j:plain

 

キャンプ

オープンワールドでは、いたるところにキャンプ(モンスターの巣窟)が点在しています。そこにいる敵を倒すことで新たなウェイポイントとして登録されたり、商人や鍛冶屋が現れたり、新たなクエストが発生したり、ダンジョンの入場口が現れたりします。プレイヤー個人の行動がサンクチュアリの状況に影響を与える、オープンワールドの醍醐味を味わうことができます。

 

PvP

オープンワールドにおいて、Fields of Hatred(憎しみの地)というPvPエリアが出現します。PvPによって獲得できるShards of Hatred(憎しみのかけら)を通貨に変換し、特別なコスチュームやマウント(騎乗)アイテムなどの購入に使えます。

PvP=任意参加のコンテンツ

PvPは必須コンテンツではなく、任意参加のコンテンツです。PvPが苦手な方でも、モンスター討伐、イベントクリア、宝箱などからShards of Hatred(憎しみのかけら)を収集することができます。

Shards of Hatred(憎しみのかけら)の浄化

PvPなどによって獲得できるShards of Hatred(憎しみのかけら)はそのままでは使用することができず、浄化して通貨に変換しなければなりません。しかし、浄化を開始すると周囲のプレイヤーに知られるため、狙われる可能性があります。
Shards of Hatred(憎しみのかけら)のままでは他のプレイヤーに奪われる可能性がありますが、一度通貨に変換してしまえばその心配はなくなります。

Vessel of Hatred(憎しみの器)

PvPを多く重ねているプレイヤーは、Vessel of Hatred(憎しみの器)となり、他のプレイヤーからは脅威としてマップに表示されることになります。Vessel of Hatred(憎しみの器)となったプレイヤーを倒すとボーナスを得ることができるため、狙われる要因となります。逆にVessel of Hatred(憎しみの器)となったプレイヤーは、一定時間ポータルで街に戻ったりせず他のプレイヤーを返り討ちすることで、大きなボーナスを得ることができます。

耳!

f:id:Innomaru:20210222120036j:plain

倒したプレイヤーの耳をトロフィーとして収集することができます。売却したりその他の用途をもたせるかは未定とのこと。

 

キャラクタークリエイト

ディアブロ4では、シリーズ初となるキャラクターカスタマイズが可能であることが発表されました。髪や眼の色、タトゥーや傷跡、メイクなどで自分だけのキャラクターを生み出すことができ、没入感を得られます。フードや鼻から下を覆うハーフマスクでアウトローのような見た目にも、逆に高貴で善良な見た目にもできるため、自分だけのオリジナルなキャラクターを作れそうですね。

 

ゲームバランス調整

ディアブロ3のように、億〜兆単位のダメージが出るようなバランスにならないよう調整する予定とのことです。ただしダメージの数値が目に見えて上がっていくことは、RPGにおいてキャラクターの成長を実感できる要素でもあるので、その部分は尊重するとのこと。(Q&Aセッションより)

 

まとめ

発表された内容はすべて開発中のものであり、変更の可能性があることにご留意ください。2021年内の発売はないそうですが、徐々にディアブロ4の内容が明らかにな楽しみで仕方ありません。今後も続報が入り次第、情報をお伝えしていきますのでお楽しみに!